直球は打てるけど、変化球だと全然打てない。 このような悩みって、頻繁にききますよね。 では、変化球を打つには何が必要なんでしょうか? ・タイミング ・読み この二つが重要になります。 最初は、タイミングですが、変化球というのは直球を待っている打者のタイミングを外すために投げられています。 右に曲がったり、落ちたり、予想より遅かったりと様々です。 次に何がくるかわからない状態だと、打者には迷いが生じます。 勝負事において、迷ってしまったら完全に負けです。 それでは、変化球を打つには、どうタイミングを計ればいいのでしょう。 まず、バックスイング時に腰を深く沈めてください。 そうすれば、多少タイミングが外されても、体のバランスが残っている状態ですので、変化球への対応が可能になります。 また、バランスを保つのには、体幹を鍛えるのが良いとされています。 次に、読みですが、もし、カーブがくるとわかっていれば、打てる可能性も高まりますよね。 つまり、相手ピッチャーの癖や配球パターンを見抜くのも重要なのです。 それに、予想外の変化球がきたとしても、カットと呼ばれるファウルにするバッティング技術を持っていると、自分の好きな球がくるまで粘ることができるでしょう。